未だ謎多きチャンパの聖地ミーソン遺跡

ミーソン遺跡はベトナム中部地方にある世界遺産です。

アクセスはダナン、もしくはホイアンからバスが出ていますが、外国人観光客にとってバスを乗りこなすのは至難なことから、おすすめはツアーに参加することです。

ミーソン遺跡は7世紀から14世紀初頭までに造られたチャンパ王国の遺産です。
ミーソン聖域とも呼ばれていることからも分かるように、チャム族にとっての聖地であったようです。

・概要

チャンパ王国はインド系文化のため、ヒンドゥー教を崇拝していました。
ガネーシャ像など当時の宗教を思わせる彫刻が随所に彫られているのをうかがうことができます。

ミーソン遺跡は長く続いたベトナム戦争の傷跡が大きく、貴重な祠堂も多くが破壊されてしまいましたが、1999年にその希少価値が認められ世界遺産に登録されました。

現在ではいくつかの祠堂と周辺の遺跡を見物することができ、祠堂の中では発掘された石像が展示されています。・謎多きチャンパ王国

現在も発掘調査は続いていて、発掘された遺産は中部地方の歴史博物館に展示されています。
中部地方でベトナム独自の文化を作ってきたチャンパ王国ですが、その歴史の多くはいまだ謎に包まれています。

チャム族はどこからきたのか。
原住民なのか、それともカンボジアやインドから渡越してきたのか、さまざまな憶測が立てられています。

古代チャム族、及びチャンパ王国が残している石碑や古文書は数が少なく、またその多くはまだ解読できていないという原状もあります。

チャンパ王国を研究する言語学者も少なく、歴史を知る大きな手がかりとなる民話や伝説が遺産とし残っていながら、解読に時間がかかっているのです。このような謎多きチャム族の大いなる遺産がミーソン遺跡なのです。

ダナンには「チャム彫刻博物館」があります。

ミーソン遺跡やその周辺で発掘されたチャム族にゆかりのある遺産を数多く展示している博物館ですので、ミーソン遺跡に行く前に勉強がてら足を運んでみましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP