ベトナムは市場の天国

東南アジアの代名詞的存在とも言えるのが「市場」です。

現代の日本は第三次産業が発展しているため、なかなかお目にかかることができなく、海外旅番組などを見て密かに憧れている人も多いのではないでしょうか。

・概要

近年東南アジアも発展を続け、年々押し寄せる外資産業の波によって市場も廃れていってしまっています。
タイは特にいい例かと思います。

しかし、ベトナムはまだまだ発展途上の国で、地元民の台所の場として市場がいまもなお活発に機能しています。
当然のごとく外国人観光客も市場を目当てに訪れて、そしてぼったくられてあとにします。

特にホーチミン中心市街地の「ベンタイン市場」はどのトラベルガイドブックにも掲載されている外国人向けの市場ですので、ぼったくり被害も多数報告されています。
ただし、この「ぼったくり」ですが、非常に概念的なものでもあります。・ぼったくりとは?

市場には定価という概念がなく、現地の人も自分で想定している相場をもとに価格交渉をします。

「この商品は、このくらいの値段ならば買おう」
とあらかじめ自分で線引きをすることが必要です。

ただやみくもに高いと言って値切り交渉をしては、相手を怒らせてしまうだけです。

これは現地人でも同じです。
初めて買うものは相場が分からずに適当に値切り交渉をするのですが、大概喧嘩の一歩手前までいってしまいます。・交渉とは

交渉とはお互いの歩み寄りであり、自分で妥当だと思える金額で購入することができれば、後から多少高い値段で購入してしまったことが分かっても、それはぼったくられたとは言わないかと思います。

こちらはお金がないと言っても、現に海外旅行をするお金がある外国人です。

相手のお金がないというのは本当にお金がない人たちです。
そこに生じるギャップを考えて、少し大目にお金を落としていってもいいのかもしれません。

なにはともあれせっかくの海外旅行です。ぼったくられたと不満を積もらせては旅行気分も台無しです。
価格交渉も東南アジアの楽しみの一つだということを忘れないように、楽しんで市場に足を運んでください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP