信頼できるタクシーを見分けよう

ベトナムを観光するときに最も利用する足がタクシーかと思います。

初乗り50円程度からはじまり、ホーチミン中心市街地の各観光スポットであれば5万ドン(200円)以内でどこでも行くことができるでしょう。

・信頼できるタクシーに乗ろう

ベトナムには現在数多くのタクシー会社が存在します。
中には悪質なタクシー業者もいますので、くれぐれも注意が必要です。
「マイリンタクシー」
「ビナサンタクシー」
この2社は信頼ができるタクシー会社です。
緑と白がトレードマークのタクシーです。

しかし、中にはこの2社のタクシーを装った悪質なタクシーもいます。

そのようなタクシーのほとんどはメーターではなく交渉性なので、乗る前にメーターの機械があるかどうかも確かめるようにしましょう。

・個人タクシーは交渉性

また、上記の2社以外でも個人運営のタクシーもあります。
高級車をタクシーにしている場合はそれにあたります。

個人タクシーの場合はメーター機もありますが、最初にドライバーがメーターにするのか交渉にするのかを訊いてきます。
逆に訊いてこなかった場合は勝手に交渉性になっている可能性があります。

特に走り出してもメーターが作動していない場合は間違いありません。必ず事前に交渉しましょう。
・悪質なトラブル多発!

個人タクシーも全部が悪いとは言いませんが、事件が起きているのも事実です。
メーターの上がり幅はすさまじく、1キロ程度の距離で5千円も取られた、などという日本人の被害も多数出ています。

このようなメーターを「ターボメーター」と言います。

また、支払い時に高額なチップを要求されたりもします。

交渉に日頃から慣れているベトナム人でもこうした事件が多いことから、個人タクシーは敬遠してマイリンかビナサンを選びます。

外国人旅行客は絶好のカモなので、注意してください。

・法外な請求をされたときの対処法は?

もしチップの要求やターボメーターによる法外な料金を要求された場合は断固として払う必要はありません。

相手はわざと一目をひくように大声で怒鳴ってきますので、負けじとこちらも日本語で怒鳴り返しましょう。
大きな日本語を出せば近くにいる公安が聞きつけて助けてくれます。

またにっちもさっちもいかない場合は日本国領事館に電話をするのも手です。
どのトラベルガイドブックにも電話番号は掲載されていますし、日本人、もしくは日本語のできるベトナム人が対応してくれます。

日本人問わず外国人旅行客が最も利用していながら、最も被害が多いのがタクシーです。
被害にあった場合は毅然とした態度をとり、必要以上のお金は支払わないようにして下さい。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP