バイクをレンタルしよう

ベトナムはご存知の通りバイク天国です。

インフラがまだまだ発展していないベトナムでは車を持つ人は非常に少ないのです。
また、車は関税が非常に高いため、社長クラスの富裕層しか手に入れることができないのが現状です。

ベトナムを歩けば若い学生から恰幅のいいおばちゃんまでバイクに跨っています。
ラッシュアワーともなると歩道にまでバイクが乗り込んできて、まるで暴走族の集団のようでもあります(笑)

そんなバイク天国のベトナムで、バイクに乗って現地を散策してみてはいかがでしょうか。
異国の地でバイクを運転するのは確かに恐いことですが、慣れてしまえばお手の物ですよ。

バイクのレンタル場所

バイクをレンタルできる場所は主に三つです。
観光客は「ホテル」、「ツアー会社」、「レンタバイク屋」のいずれかからチャーターすることになります。

おすすめはレンタバイク屋ですね。
安いですし、ホテルやツアー会社に依頼しても、大抵は提携しているレンタバイク屋から又借りするのが普通です。

料金体系 基本は1日単位でのレンタルになります。
ただし、昼間から借りて夕方(閉店前)に返すことを前提にすれば料金は安くなります。

また、オートマティックからマニュアルかによっても値段に差が出てきます。
平均は約1日600円程度です。半日だと400円くらいですね。

バイクを借りるときの必須事項

バイクを借りるときはパスポートが必要になります。
コピーでも大抵は大丈夫ですが、ホテルの名前や部屋番号を教えなければならないときもあります。

また、コピーが駄目だというときはデポジットを支払えば解決できます。
要は盗まれることが店側としては懸念しているので、デポジットを受け取っておけば安心できるというわけです。

金額は店側にもよりますが、300ドルから500ドルです。
返却時にこのお金は全額返ってきます。

もし大金を預けることに不安がある方はパスポートコピーでOKのお店を探しましょう。

ガソリンはどうするの?

日本で車をレンタルするときはガソリンは満タンの状態で借りて、満タンにして返すのが通常ですね。
しかし、ベトナムでは異なり、最初はガソリンはまったく入っていません。

ですので、バイクをレンタルしたら、真っ先にガソリンスタンドに寄りましょう。
返却時はガソリンを満タンにする必要はありませんので、そのままの状態で返します。

バイクの運転に自信がない人はホーチミン中心は危険ですので、ローカルエリアに行ったときに是非試してみてください。
バイクに跨って異国の風を切れば、一生に残る思い出となることでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP