15日まではノービザでOK!

被害にあったときの対処法32012年現在、ベトナムへ入国する際にはビザ(査証)が必要となっています。
しかし、下記の条件に当てはまる日本人はビザ免除で滞在することができます。

1、ベトナムの滞在日数が15日以内であること。

2、ベトナムへ入国した時点で、3カ月以上のパスポートの有効期限が残っていること。

そもそもビザって何?と首を捻っている方もいるかと思います。

国と国を行き来するには当然ながらパスポートが必要になります。
これは国際的に通じる身分証明書だと思ってください。

しかし、身分証明書を持っていても、外国に滞在するためには下記の条件が必要になってくるのです。

1、現地の人に入国を推薦される。
2、入国を許可するにあたって、問題ないレベルである。

ちなみに、外国人が日本へ入国する場合は、1、が当てはまり、日本人もしくは公的機関の推薦状がなければ入国することはできません。

また、ベトナムは2、に該当します。

国としての信頼が手厚い日本では、現在ほとんどの国が観光旅行程度の滞在期間であればビザは必要ありません。

また、取得の必要が生じてもすぐに取得することができます。
これは日本人の特権とも言えるすごいことなんです!

海外旅行に度々行っているトラベラーの方々は全員口を揃えてこう言います。

「日本のパスポートは無敵だ」

ベトナムへ観光旅行をされる方は、まず自分が何日間滞在するかを決めることが先決です。
また、代理店を通さずに個人で旅行を計画されている方は15日をくれぐれも過ぎないようにしてください。

もし、何らかの理由で15日を過ぎてしまい、なおかつビザを取得していなかった場合は、超過滞在となり1日ごとに罰金が科せられてしまいます。

また、次回入国が困難になるケースもありますので注意をしてください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP