ベトナムに持っていきたいもの5選

今回ご紹介するのは、在住者である筆者の目線から、「これを持っていくと便利だな」と感じるアイテムです。

必需品ではありませんが、旅をより一層快適にすることができるアイテムなので、予算があれば、是非揃えてみてください。

携帯ウォシュレット

手の平サイズの容器に水を汲み、ボタンを押せば噴射口から水が出る携帯ウォシュレットがあります。
水が噴出す水圧を調整できる優れものもありますので、予算にあった種類を選んでください。

ベトナムのトイレには紙がないところがほとんどで、しかもトイレに流すと水が詰まって溢れてしまいます。
ポケットティッシュをたくさん持っていくのもいいですが、それだとかさばりますし、万が一使い切ってしまったら致命的です。

ベトナムに限らず、トイレの整備がされていない東南アジアや中国では、持っていくと便利なアイテムです。

スマートホン

ベトナムは日本以上にWiFiが浸透していますので、ショッピングセンターやカフェ、レストラン、ホテルとどこでも無料でWiFiに繋ぐことができます。

日本からスマホを持っていけば、ネットは無料でできますので、レストランやショップを検索したりと何かと役立つはずです。
海外パケットに変わらないように、設定解除は必須です。

折りたたみ式バッグ

大きなリュックやボストンバッグ、キャリーバッグを引きずって町は歩けません。

ふらっと散歩するときでも、「もしかしたら何か買うかもしれない」と感じたとき、折りたたみ式バッグをポケットに入れておけば大丈夫ですね。

何も買わなくとも手ぶらで観光できますし、買うものがあったらポケットからバッグを取り出せばいいだけ。
なにかと重宝するはずです。

ベトナム語会話帳

ベトナム語は日本語と異なり、しっかりと正しい発音を発しないと相手は理解してくれません。

しかし、短時間で習得できるほど発音は甘くはありませんので、ベトナム語表記されている会話帳を持ってベトナム人と会話することをおすすめします。

会話帳は旅行者向けのものを買ってください。
レストラン、ホテル、タクシーなどとジャンル分けされているほか、ベトナム人との談笑目的のユニークな表現方法も紹介されています。

正露丸

東南アジア旅行で、お腹を壊した方も多いはず。
ベトナム在住の筆者でも、よくお腹を壊します。

屋台料理や食堂は衛生管理がされていないので、お腹を壊しやすいです。
ベトナムにはほとんど公衆トイレがないので、突然トイレに行きたくなったらカフェやホテルに逃げ込むしかありません。

そこで、緊急時に活躍するのが正露丸。
腹痛と下痢を止めてくれるので、いざというときの備えとして持参してください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP