おいしい食堂料理5選

ベトナムで料理を食べるなら、「屋台」、「食堂」、「レストラン」の3パターンが考えられます。

屋台には屋台限定のグルメがあり、食堂には食堂だけでしか食べられない家庭料理があります。
もちろんそのほとんどはレストランでも食べることはできません。

レストランのような洗練された味や料理は、極端にいえば「ベトナムの定番料理いなるもの」です。
高所得者層および外国人向けに味付けや工夫がされていて、食材も違います。

もし「一般のベトナム人が日ごろ食べている料理を食べたい」というのであれば、それは食堂以外ありません。
今回は旅行に来たら食べておきたいおいしい食堂料理を5つご紹介します。

CIMG2697_R

ヤギ肉

肉といえば牛肉、豚肉、鶏肉ですが、ベトナム人の間ではヤギ肉も同じくらい人気があります。
しかし、一般的にヤギ肉は大衆料理であり、こ洒落たレストランではメニューにありません。

ベトナム人にとってヤギ肉は庶民派料理であり、居酒屋感覚でビールと一緒に食べるのが一般的。
ヤギの乳房肉や脳みそ、骨髄など珍味と取れる部位もありますので、観光客におすすめです。

揚げ豆腐

ショーケースに複数種類ある惣菜を指差して注文する大衆食堂。
そこに決まってあるのが揚げ豆腐です。

一口サイズに四角く切った揚げ豆腐をニラや牛肉と一緒に炒めた野菜炒めや、トマトベースで煮込んで、間にひき肉を挟んだものなどがおすすめ。

ちなみに豆腐はベトナム語で「Dau phu(ダウフー)」。

中国語由来のため、日本語の発音に似ています。
豆知識です♪

コムガー

中国由来の料理。
鶏蒸し飯に骨付きの鶏肉を載せた簡単料理で、鶏出汁が効いているのでライスだけでもおいしくいただけます。

お店によってライスの味や、鶏肉の調理方法が異なるため、何軒か梯子してみるのもいいかもしれません。
値段も安く、一皿2万から3万ドン程度。

コムガー専門店も多く点在していますので、「Com ga」という看板をみつけたら覗いてみましょう。

フーティウ or フォー or ミークワン

旅先が北部であればフォー、南部であればフーティウ、中部であればミークワンが名物。
フォーは皆さんもご存知の平たい柔らかい歯ごたえの麺。

フーティウは歯ごたえがしっかりとある細い麺で、豚肉を出汁にスープを作っているので油っぽいのが特徴。
ミークワンは濃厚のスープを少量かけて、麺を和えるようにかき混ぜて食べます。

どれかとは言わず、すべて食べてほしい定番食堂料理ですが、時間がない方はその地域の名物料理をチョイスしましょう。

ただし、北部ではフーティウを見つけるのは困難で、南部ではミークワンを見つけるのが困難といった事情もあります。

貝料理

老若男女から親しまれている食堂料理が貝。

ココナッツミルクで和えたり、タマリンドで炒めたり、蒸し焼き、網焼きなど調理方法は豊富で、貝の種類によって変わります。

食べ過ぎると現地人でもお腹を壊しますので、調子にのって頼みすぎないようにしてください(笑)
値段もお手ごろで、一皿3万から5万ドン。
二人で来て3皿頼めばお腹が膨れます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP