カンボジアとの国境付近「チャウドック」

ホーチミンからバス旅でメコンデルタへ入った際、訪れる順番としては、以下が主となります。

ミトー&ベンチェー→カイベー→ヴィンロン→カントー→ロンスエン→チャウドック。
この先もあるのですが、一般の短期旅行者にはちょっと厳しいスケジュールとなります。

チャウドックはホーチミンから約6時間のバス旅。
ここまで来るとカンボジアは目と鼻の先。

指を指して、「向こうがカンボジア領だよ」と言うこともできるくらいです。
DSCN9728_Rチャウドックまでの所要時間は約6時間。
道が込んでいるとさらにかかる可能性もありますね。

バスターミナル、もしくはツアーバスでチケットを手配すれば、寝台バスで目的地まで行くことができます。
もちろん全席指定席なので、席を奪われる心配もありません。

空調管理もしっかりしていますし、乗り心地も悪くありません。
シートは180cmくらいまでなら足を伸ばせるかなと思います。
IMG_5061_Rこちらは「セーロイダップ」という乗り物。
かなり年代物のようですが、それもそのはず。

昔はホーチミンやハノイでも一般的でしたが、現在は乗り入れが規制されて、見なくなりましたね。
ホーチミンではシクロが観光客向けの移動手段として残っていますが、こちらも規制の対象に入っています。

しかし、チャウドックではまだセーロイダップが現役で稼動し、観光客にとっても現地人にとっても重要な移動手段となっています。

市内散策、名物サム山までの移動はタクシーやバイクタクシーではなく、こちらで行くのがおすすめ。
IMG_4963_R「マム」と呼ばれるこちらは、魚を発酵させたもの。
かなり塩気が強いですが、ベトナム料理の調味料、つけダレ、ご飯にのせる一品物として親しまれています。

クセがあるので、観光客はもとい在住外国人の中でも食べられないという人が多くいます。
チャウドックの名物となっていて、マムの専門店が市街地にはたくさん並んでいます。
IMG_5074_Rチャウドックの市街地には、筆者が確認したところ中心に一軒冷房つきのカフェがありました。
それ以外のカフェは道端の路上カフェとなります。

また、市場はチャウドック市場という屋内市場があります。
こちらは非常に広く、周辺のバクダン通りやチラン通りまでお店が溢れています。

ほぼ食品関連のお店となるので、旅行者にとっておみやげになりそうなのはありませんが、市場の雰囲気と香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、軽食やスイーツを食べられる屋台もあります。
お腹を壊さぬようほどほどに。
IMG_5368_R小さな子供もお使いで市場に来ています。
それほど市場は現地人にとって身近な存在ですね。
IMG_5292_Rチャウドック市内を流れる川には水上で暮らす人々がいるほか、対岸までバイクごと運んでくれる、小型のフェリー船の往来を眺めることができます。

また、対岸には少数民族のチャム族が暮らす村もありますので、船の主と交渉すれば、そちらに向かうことも可能です。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP