チャウドックのサム山を楽しむ

IMG_5486_Rチャウドックの名物といえば「サム山」。
年に二回、お正月と法礼祭では、全国からベトナム人仏教徒が集まる「バー・チュアスー廟」があります。

観光客にとっても見所はありますので、チャウドック観光の際は必ずお立ち寄りください。
市街地からはセーロイダップで20分くらいの道のりです。
DSCN9832_Rバー・チュアスー廟へ続く参道は、毎夜多くの人で溢れます。
参道には屋台が並び、ちょっとした縁日気分。DSCN9757_Rまた、参道含めた寺院周辺にも屋台が多数出没し、ナイトマーケットとなります。
旅行客向けのお土産を扱うお店も出るほか、食事処も多数。

名物のマムを使った「ブンマム」や、カニのすり身を具にした「ブンリウクワ」、太麺の「ブンボーフエ」などといった麺料理の屋台が多く見られます。

一杯100円程度で食べられる現地価格も魅力です。

サム山唯一のホテル

DSCN9743_Rサム山の麓にある唯一のホテルが「ヌイ・サン・ロッジ」です。
ビクトリアホテル系列で、市街地にもホテルを構えています。

断崖に建てられた食事スペースで食べる料理はどれもおいしく、景色も美観。
どこまでも続く田園風景を眺めることができます。
IMG_4825_Rプールも併設。
垣根がないため、境界線が希薄。
自然と調和した優雅な時間を過ごすことができます。

山頂へ

IMG_5579_R山頂へはバイクタクシーで行くのがおすすめ。
人力車のセーロイダップは運転手に断られます。

バー・チュアスー廟からバイクタクシーで約10分程度です。
IMG_5604_Rこちらが山頂からの眺望。

カンボジア領も見えます。
山頂にはハンモックカフェや、仏教徒が参拝する仏像などがあるほか、恋人たちのデートスポットにもなっています。

メコンデルタ旅行のおすすめプラン

メコンデルタを旅行したい方は、ミトー、カイベーあたりまではツアーで行くのがおすすめです。
理由は「あまりお立ち寄りスポットがないから」です。

多くの観光客は、メコンデルタに雄大な大自然とメコン川を求めています。
しかし、ミトーやカイベーの市街地にはあまり自然を感じることはできません。

カントーもツアーで行ければいいのですが、ホーチミンからカントー行きのツアーはほとんどないので、これより先は個人旅行で行かなければなりません。

チャウドック以降は離れ小島であるフーコック島まで高速船で行くこともできますので、どうせなら最果てまで行ってみるのもおすすめです。

ちなみに、チャウドックからカンボジアへ行くこともできます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP