ムイネーで砂丘を散歩

DSCN2475_Rホーチミンより東へ約250キロ走ったところに、「ファンティエット」という小さな町があります。

ファンティエットはフーッコック島と並んでヌクマムの一大生産地であり、ここでの滞在中は都会の喧騒を忘れて静かな時間を過ごすことができます。

・概要

このファンティエットよりさらに東へ1時間ほど進むと「ムイネー」という場所に辿り着きます。
近年リゾート開発されている穴場のスポットです。

日本人客はほとんどいなく、外国人旅行客のほとんどはロシア人です。
ロシアはいち早くベトナムへの企業進出を果たしたので、ロシア人が多く住んでいるほか、観光客も多いのです。

ムイネーはほとんど一本道で構成されています。
右手にはビーチとリゾートホテル、左手にはレストランやショップが建ち並んでいます。

レストランもベトナム料理からシーフード、イタリアン、ロシアンなど多様性を持っていて楽しめます。

・ホテルはヴィラが普通!

リゾートホテルはヴィラ風建物が多く、バンガローのように一部屋が独立しています。
シーサイドビューですと、玄関を出たら目の前が海なので、プライベートビーチを楽しむことができます。

移動手段はバイクがおすすめで、一本道の随所にレンタバイク屋があります。
バイクで先に進むと、潮と魚の香りが鼻腔をくすぐります。

・ドラクエのような町並みムイネー市場!

バイクで岬の近くまで走るとムイネーの市場に辿りつきます。
のどかな光景が広がり、さながらドラゴンクエストに出てくる小さな村のようです(笑)

ここでは大量に水揚げされた新鮮な魚が並んでいます。
また、平屋でも魚を干物にしたりと、日本の港町を思わせるような懐かしい光景に巡りあうことができます。

・ムイネー砂漠

また、ムイネーには最大の名物「ムイネー砂漠」があります。
ムイネーの中心地からバイクで30分ほど走ると、突然山のような黄色い砂漠が姿を現します。

日本ではめったに見られない砂漠ですので、ここで思う存分楽しんでいってください。
砂漠ではそりを借りて頂上からすべることができます。

・白い砂漠に出会おう

そしてさらに一本道をバイクで走っていくと、「ホワイトサンズ」に出会うことができます。
その名の通り白い砂漠です。

また、この砂漠は海に面しているので、潮風が砂漠を揺らし、波紋のような模様を作っています。
見ているだけで穏やかな気持ちになり、波打つさざなみの音が心地よく聴こえてきます。

ムイネーはホーチミンからバスで行くのが便利です。
1泊2日でも十分楽しむことができますので、一度ムイネー砂漠へ訪れてみてはいかがでしょうか。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP