異国の空気。メコンデルタ地方

ホーチミン南西部に位置するメコンデルタ地方には数々の小さな町や村が点在しています。
よく見かけるツアーは、メコン川を手漕ぎボートで散策するメコンクルーズです。

この地方ではココナッツも盛んに栽培されているので、ココナッツキャンディーの製造過程なども見ることができます。
初めてホーチミンに訪れる観光客は、ほぼもれなくこのツアーを経験することでしょう。

小さな村が点在するメコンデルタ

・ミトー

ちなみにこのツアーの開催地は「ミトー」という地名です。
このミトーはメコンデルタの玄関口と呼ばれていて、本来ならこのミトーよりもさらに奥へ進んでほしいところなのですが、あいにくツアーではそこまでは行きません。

メコンデルタ地方で有名な町は二つあり、一つはミトー、もう一つは「カントー」と呼ばれる町です。
車で約5時間ほどの距離です。

・カントー

カントーでおすすめなのは朝早くに開かれている水上マーケットです。
新鮮な果物や採れたての野菜を小舟に積んだ現地の人がオールを漕ぎながら商売をしています。

チップを払えば小舟で周遊することができ、果物を食べながら現地の生活を体験することができます。

・チャウドック

またさらに西へ向かえばチャム族やクメール族など少数民族が住んでいる「チャウドック」に行くこともできます。
ここでは有名な仏教寺院があり、テト正月の月には多くの参拝者が訪れることでも知られています。

・ハーティエン

「ハーティエン」は最西端に位置する小さな町で、田園地帯が広がるのどかな光景を見ることができます。
また華僑やクリスチャンも多いことから中国建築の寺院や教会も点在していて、多宗教が入り混じるユニークな顔も持っています。

このハーティエンはその先のリゾート地「フーコック島」まで繋ぐフェリーが出ていることから、近年バックパッカーの骨休みの場所としても賑わいを見せています。

メコンデルタもここまで来る観光客はあまりいません。
言葉もベトナム語しか通じないのでなかなか行くには腰が引けるかと思いますが、ホーチミンとは異なった東南アジア独特の空気を感じに行ってみてはいかがでしょうか。

・メコンデルタが熱い!

また、2011年にはロンリープラネット(世界で一番人気のあるトラベルガイドブック)の「海外旅行で、行く価値のある場所ランキング」において10位にメコンデルタ地方が入りました。

都市化が進むホーチミンですが、ちょっと横に目を逸らして、メコンデルタのような異国情緒溢れる場所を訪れてみてもいいかもしれません。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP